<< 初ライブ♪ | main | めじ。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | TOP↑ |
私の母【房ちゃん】
私の母は太っている。
将来の自分が見えているようで怖い。



母を見ていると、【やってやれないことはない】とも思うが
だけど、やっぱり、どうしたって、バレリーナには、なれそうにないな。



そんな太っちょママは実はライダーだった。
ツーリング中、足の骨を折るつい最近まで、400ccのバイクを乗回し、
九州一周なんてしょっちゅう。黒部ダムや鈴鹿までバイクで一直線。
そんな母もあの事故以来、バイクを卒業。普通のお母さんをやっている。



今でも思い出すのは、私の進路を決める中2の秋。
保護者面談会があった時のこと。
「絶対、スカート履いてきてよ。タクシー乗ってきてよ」当日の朝、固い約束をした。
その日の授業は午前で終わり。廊下には、それぞれの父兄が集まってきた。



その時、【バフンン〜ブルブルブルブル〜】暴走族のような爆音が中庭で響いた。
みんなは身を乗り出し、「すんげ〜かっこイイ〜」男の子達の目が釘付けに。
【カツカツコツコツ・・コツコツ】ブーツの足音が我が教室の前で止まった。

私がどんな心境だったか・・・分かっていただけるだろうか。

そして、トドメはこの言葉だった。

「すんげ〜すんげ〜かっこイイ〜誰のオヤジ???」



前置きが長くなりました。ごめんなさい。
そんな母が「納車の時に、キーに付けて」と作ってくれた根付です。
どうか、どうか、ご笑納くださいませ・・・。
| comments(0) | trackbacks(0) | 陸ちゃんな人たち | TOP↑ |
スポンサーサイト
| - | - | - | TOP↑ |









http://rikuoh.jugem.jp/trackback/27